テレビ朝日メディアプレックス

BLOGブログ

2018年新卒学生向け! メディプレ『1Dayインターンシップレポート』

こんにちは。テレビ朝日メディアプレックスの西島祐一です。
2月17日、20日の2日間にわたり、2018年新卒学生に向けた1Dayインターンシップを開催しました。
今回は20日の回の模様をみなさんにレポートしたいと思います。

『アイデアソン』で『メディプレ体験』

何ともキャッチー、しかし「どういう意味だ?」と何度見もするコンセプトで行われた今回のインターンシップ。
場所はテレビ朝日本社のプレゼンルームです。

001

ここに学生のみなさんに来ていただくわけであります。
20日は月曜日で、しかも世間では風邪やらインフルエンザやらが流行っており、「学生のみんな無事に来てくれるかなぁ」と不安だったのですが……

002

こんなに来てくれて万々歳!
関東周辺だけでなく、西日本を含む各地からも来てくれました。皆さん、『メディプレ体験』に興味を持っていただきありがとうございました。

それではインターンシップ開始です!

003

『アイデアソン』――各グループごとにお題が与えられて、学生のみなさんにアイデアを出してもらい、最後はプレゼン対決というイベントです。

今回のお題は、

○Webとデータ放送を連動させた番組視聴を促すアイデアを考えよう!
○東京オリンピックを楽しむことができるデジタル企画を考えよう!
○IT技術を使った「テレビ朝日 夏祭り」の新たなイベントを考えよう!

なるほど! どれも『ITとエンタメを複合的に活用して「今までにない新しさ」を生み出す』メディプレならではのお題です。
しかしこれは『メディプレ体験』の一部でしかないんです!

004

現場の社員たちが、実際の案件で行った企画を惜しげもなく披露!
メディプレのお仕事を肌で感じることができる、数少ないチャンスです。

わぁわぁ言うてるうちに始まりましたけど、与えられた時間は約4時間半。
学生のみなさんは初めて会ったばかりなので、お互い打ち解けあうところからスタート。
プレゼン資料もMicrosoft PowerPointで作るという条件があるので、意外に時間はありません。

005 006

各々、自分のグループに与えられたお題に対してアイデアを考え出します。ポストイットに記入して、頭の中の「面白いこと」を可視化していきます。

007 008

各テーブルには、メディプレの社員がメンターとして着席。
みんなが行き詰ったり、議論が脇道に逸れそうになったらサポートする役割。

009 010

ちゃんとサポートできてる……のか?

昼食休憩はチームごとにテレビ朝日の社員食堂でとっていただきまして……

エネルギーを補給したあとは後半戦!
着々と企画が出来上がっていきます。

011 012

予想を超えた活気あるアイデアソンに、メディプレ社員も圧倒されております。

013

「なんかいいアイデアがバシバシ出てるんですけど」
「俺らも頑張らないとな……」

014

「学生のレベルが高くないですか?」
「……」

016

「みんなガンバるブイ!」

016

「ゴーちゃん。……俺も頑張るよ」

017

見学に来ていた、2017年度新卒入社の田中大輝君もこの表情。
(ちなみに、彼のインタビューはこちらから読めます!)

そんなこんなであっという間の約4時間半。
グループごとのプレゼンが始まります。

018

机上の空論にならない、メディアの現状を見据えたプレゼンから……

019

オリジナルな発想を組み込み、ITとエンタメの融合に切り込んだ会心作も。

020

体をはったプレゼンもありました。

021

↑これはVRウェアラブルバイザーのイメージです。すばらしい!

022

タイトルだけでもワクワクする内容じゃないですか。
学生のみなさんのクリエイティブ・パワーにアメイジングな思いを感じざるを得ません。

023

みなさんとメンターたちの投票で、特に評価が高かったグループには、テレビ朝日の限定グッズを進呈いたしました。

024

ご参加いただいたみなさん、本当にお疲れ様でした。
今回のインターンシップで、学生のみなさんに、メディプレで働くとはどういうことか、メディプレが大事にしているものは何か、などを感じていただけましたでしょうか?
少しでもみなさんの今後に役立つ経験になっていれば、まことに幸いです。

025

付記)
定番の、メディプレスマホバンガーリングもお持ち帰りいただきました。

【取材:西島祐一】