テレビ朝日メディアプレックス

BLOGブログ

【お仕事紹介】経営管理部長インタビュー

こんにちは。メディプレブログ中の人、長井です。

本日は、経営管理部の坂口部長に、ご自身の仕事内容や会社の展望、現在募集している経理職についてお伺いしたいと思います。

01_IMG_8197_2

―坂口部長の現職の仕事内容についてお聞かせください。

会社の運営を統括している事務方の部署、経営管理部の責任者をしております。繁忙期など業務量が多いときは自らもプレイヤーとしてサポートしています。

まず経営管理部の体制についてお話しさせていただきます。経営管理部は、人事チーム(人事労務関連業務)、経理財務チーム(会計経理財務業務)、総務チーム(庶務、設備購入管理、広報、取締役会や株主総会の事務局など社内の定期的なイベント行事の運営業務)の3チームで構成されています。

私自身は経営管理部長という立場でこの3チームの責任者として指揮を執るとともに、プレイヤーとしては、取締役会及び株主総会の事務局担当として議事内容の取りまとめや親会社であるテレビ朝日(メディプレは完全子会社)へ連結決算業務に必要な弊社情報の提供などを行っております。会社の『ヒト・モノ・カネ』を司る部署の責任者として、会社の安定した運営を維持し、成長をサポートするのが私の役目だと考えております。

04_IMG_8224

―これまでのご経歴について教えてください。

大学時代に学生演劇をやっていたこともあり、卒業後は某大手劇団に入社し営業を担当していました。その後会計事務所、テレビ朝日経理局を経て、2008年にテレビ朝日メディアプレックスに入社いたしました。

メディプレに入社して1年後、上司や部下にも恵まれ経営管理部長を務めることとなり、今年で7年目になります。私が入社した当時の経営管理部は、私を含め5名体制でしたが、現在では業務領域が拡大し、業務量も増えて専門性も高まってきているので、12名体制で運営しています。

ー入社してから、最も大変だったことは何ですか?

経営管理部長になって良くも悪くも突っ走ってきたので、「最も大変」だった記憶があまりありません。(笑)

あえて挙げるとするならば、本社移転の指揮を執ったときだったと思います。私としても、会社の引越しを取り仕切るのは初めてのことでしたし、そのことに加えて、社内ネットワークやサーバーをこの機会にリニューアルすることになっていたので、失敗したら会社の機能がストップするかもしれないという重圧はかなりのものでした。

従業員全員が協力してくれたこともあり、結果的には無事移転することができました。

ー経営管理部長として、常に意識していることは何ですか?

会社の『ヒト・モノ・カネ』を司る部署なので、会社の運営方法について常に意識しています。その中でも『ヒト』については、近年、労働市場的に人手不足の状況が続いているので、プライオリティーは高いです。メディプレはIT分野を得意とする会社ですが、そのIT分野は予想をはるかに超えて進化しております。われわれもそのスピードに負けずに成長して、新たな付加価値をお客様に提供していきたいと考えております。メディプレにとって、その原動力が『ヒト』です。設立して10年、会社の成長とともに従業員数も増えてきました。直近では、人事チームの人員補強を図り、採用だけでなく、教育や働き方改革などにも力を注いでおります。

02_IMG_8209_1

ー現在募集している経理ポジションについて詳しく教えてください。

現在は、経理専任社員が1名とアルバイトスタッフが1名、私がサポートに入る2.5名体制で、メディプレのすべての経理業務を行っています。今後新しい方にご入社いただけましたら、経理専任社員が2名いる体制で運営していく予定です。

伝票作成管理や資産管理、決算業務など、一般的な経理業務も担当していただきますが、正確性や効率性の観点から、経理財務の業務改善の提案なども行っていただけたらと思っております。

またいずれは、当社の事業について経理的側面から分析し、先の事を見据えた収支の提案やビジネススキームの提案ができたり、経理財務的な側面から事業のアドバイスができる、そんな経理担当者になっていただきたいと考えております。

ーメディプレの経理として求める人物像についてご意見をお聞かせください。

世の中の状況に敏感で、常にアンテナを張って情報収集をしている人は、今後とても重宝されると思います。経済のトレンドを収集し、何故この業界に勢いがあるのかを、業界構造やビジネスモデルに興味を持って探求できる方であれば、経理的な観点から何かアドバイスができると思うんですよね。

当社はテレビ朝日という大きな組織の子会社ではありますが、社員人数は90名ほどの中小企業です。先程も申し上げましたが、経営管理部は会社全体の運営に関わる部署であり、経理職は経営にも、現場にも近いポジションになります。経営と現場の調整役もしくはサポート役として、活躍できる職種でもあります。

今後は旧態依然の管理的な業務だけではなく、業績を上げるための経営管理部を目指していきたいと思っているので、情報感度の高い方には是非力を貸していただきたいです。

03_IMG_8203

最後になりますが、坂口部長の今後の展望についてお聞かせください。

「テレビ朝日メディアプレックス」というブランドが確立し、親会社やグループ会社、その他のお取引のある会社が新しい取組みをしようと考えた時、パートナーとして常に第一想起される会社、まずはそこを目指したいと思っています。これを実現させるためには、今よりもっと会社全体の業績を上げることが不可欠です。私たち経営管理部は、社員がより生産性高く働けるような土俵を整えることを、最も重要なミッションとしています。

前期からは働き方改革プロジェクトも始動し、今後も更に、働きやすい制度、働き甲斐のある環境を作っていく予定です。また今後は、ご入社していただく経理担当の方の力もお借りしながら、守りだけではなく、会社の利益に貢献できるような経営管理部を目指していきます。

 

メディプレでは現在、経理担当を募集中です。

http://www.mediaplex.co.jp/recruit/job/accounting/

坂口部長と一緒に、縁の下の力持ちとしてメディプレを支えてくださる経理経験者の方、是非ご応募お待ちしています!

関連する記事