テレビ朝日メディアプレックス

RECRUIT採用情報

INTERVIEWスタッフインタビュー

岡本 真人

岡本 真人

2014年5月1日入社
クリエイティブ事業部 事業開発グループ
Webディレクター

メディアプレックスに入社したきっかけは?なぜ志望しましたか?

テレビの世界をWebで変化させたいと感じました

前職では紙媒体も持っていた編集力の強さに定評のあるデジタルエージェンシーに勤務していました。
紙媒体も大きな変化を求められましたが紙とWebで手法や手段は違っても本質は変わらないということを体感できたように思っています。テレビもこれから大きな変化を求められている中、変化に手が届くような仕事ができるのではと思い転職を決めました。

現在の所属部署と担当している仕事は?

Web制作が中心ですがリアルイベントなどの提案もやらせてもらっています

クリエイティブ事業部の事業開発グループに所属しディレクター、プランナーを担当しています。
社名からテレビ朝日の仕事をメインにしていると思われがちですが、私はそれ以外の案件も多く、芸能プロダクションサイト構築や、系列局サイトの構築など多岐にわたって担当させて頂いています。
基本はWebが中心となりますがデジタルサイネージやリアルイベントのご提案をさせていただくこともあります。

今の仕事でやりがいを感じることは?

自分で考えて進められることに価値があります

入社時はデザイナー、コーダー中心のグループ内で初のディレクターとして採用いただききました。
新しく作っていくもの、整備していかなければいけないこともたくさんありますが、自分で決めていける部分も多くありますので、そういった部分はすごくやりがいを感じます。

仕事をしていて印象的な出来事は?

アイデア次第で現場主導も可能だと感じたことです

入社して1ヶ月ぐらいたった時期だったと思うのですが、オキュラスリフトを使ったVRの展示会の出展のお手伝いをしました。
慣れない中、自身も驚きながら来場者にご説明させていただきましたが、この試みは数名の社員発案で進んでいたものであることを知りました。
そういった新しいことにチャレンジさせてくれる環境に可能性を感じたことを覚えています。

今後メディアプレックスに入社する方へのメッセージ

仕事に対する責任とプライドを持った方はぜひ!

メディアプレックスは成長途中の会社であり、また業界的にも変化を求められています。
環境的に何もしなくても仕事が与えられ成長できるわけではなく、能動的に変化を起こしていく必要があります。
私はこれまで全く異業種の営業職からweb担当、Webデザイナー、コーダー、ディレクターなどいろいろな職種を経験してきましたが、どの業種でもしっかりとプロフェッショナリズムをもった方と仕事をすることは刺激があり面白い仕事ができたと感じています。
異業種の方でもそういったプロフェッショナリズムを持っている方、また持ちたい方をお待ちしております。

INTERVIEWそのほかのスタッフインタビュー

ENTRY