テレビ朝日メディアプレックス

BLOGブログ

今年も「ビジネスコミュニケーション&プレゼンテーション研修」を行いました

テレビ朝日メディアプレックスでは毎年、その年に入社した社員向けに、「ビジネスコミュニケーション&プレゼンテーション研修」を行っています。

今年も2月某日、2019年に入社した社員に向けに研修を行われ、その一部をご紹介させていただきます。

 

【講師】
テレビ朝日アスク 山口容子先生
(元テレビ朝日アナウンサー)

この研修は毎年、グループ会社でアナウンサー養成スクールを運営している「テレビ朝日アスク」で、元テレビ朝日アナウンサーの山口容子さんに講師をお願いして開催しています。話しのプロが、本格的且つ実践的な内容を直接指導をしてくださるプログラムとなっており、これまで受講した社員からとても評判が良い研修です。

これは、事前に出題されたお題に対し、自分が考えてきた提案をプレゼンテーションしているところです。このように、カメラでも撮影されています。

大勢の前でプレゼンテーションをするだけでも緊張するのに、その姿をカメラに撮られるなんて、よけい緊張しますね。

その後、撮影した映像を研修参加者全員で確認。講師の先生や自分以外のメンバーからフィードバックをもらいます。

プレゼンテーションの内容について、ただフィードバックをもらうのではなく、自分でも話している姿を確認することで、他人が見ている自分を客観的に観察することができます。これにより、普段自分ではなかなか気づくことが難しい話し方の癖や、直した方が良いポイントも、より想像がしやすいと感じました。

研修の途中には、特別ゲストとして、当社社長も参加。

「事前準備や、人に伝わる話し方を意識することは重要」とアドバイスを送っていました。

参加社員は

「今まで気づかなかった自分の癖を知ることができた。今後は意識して、直していこうと思いました。」

「ただものごとを説明するのではなく、より伝わりやすい言葉選びや順序を意識しようと思いました。」

と、前向きな気づきを多く得たようで、今年も満足度が高い研修となりました。

関連する記事